多い相談・悩み

転職の理由やタイミングとは?後悔しない転職をするための準備や考え方

転職の理由やタイミングは?

終身雇用が当たり前の時代もありましたが、今は違います。

様々な理由で転職しながら、その時の自分に合った仕事をする方が増えています。

本記事では、転職の理由やタイミングについての様々なケースをご紹介しています。

後悔しない転職をするために、ぜひ参考にしてください。
仕事占い 当たる電話占い

【電話占いで仕事の相談が当たる占い師】ビジネスや転職がよく当たる電話占いサイトとは

続きを見る

職場が自分に合わないための転職

転職の理由の中でも一番多いのが「その職場が自分に合わない」というものです。

①その職種(仕事内容)が自分に向いていない

その仕事が適職ではない場合

  • なかなか仕事を覚えられない
  • ミスが多い
  • やりがいや充実感が得られない
  • 苦痛を感じる
  • 周りの人に迷惑をかけてしまう

など、いろいろな問題や悩みが発生します。

実は経験不足なだけで、時間が経てば問題がなくなる場合もあります。

仕事に慣れてしまえば大丈夫なのか、本当に適職ではないかの見極めが大切です。

個人差はありますが、同じ仕事を半年ほど続けても慣れない場合は、適職ではない可能性が高いので転職も視野に入れましょう。

また、仕事は無理なくできるけどやりがいや楽しさを感じられないといった場合は、楽しみはプライベートに求めるなど割りきれるなら続けても問題はありません。

仕事にやりがいや楽しさを求めたい場合には、転職を考えると良いでしょう。

②職場の人間関係が合わない

  • 人間関係がギスギスしている
  • 苦手な人がいる
  • いじめを受けている
  • 職場の人達に馴染めない

など、職場の人間関係の悪さが原因で転職を考える人がいます。

  • 苦手な人に対して、対応の仕方を変えてみる
  • 積極的にみんなの輪の中に入るようにしてみる

改善策を立てて好転することもあります。それでも変わらない場合は、相性が悪いということです。

割り切って働くのも選択肢のひとつですが、ストレスを感じながら働くのがイヤならば転職を考えると良いでしょう。

③お給料や待遇面が合わない

  • 待遇が入社前の約束と違う
  • 会社の制度が変わって待遇が悪くなった

給料や待遇面に不満がある場合は、可能であれば会社と交渉してみましょう。

それでも改善されなければ、条件に見合った仕事への転職を検討してください。

転職して問題解決した女性のケース

その女性が働いていた会社は、社員にとってあまり良いとは言えない環境でした。

  • 社長の思いつきでコロコロ方向性が変わる
  • 常に人材不足で毎日大忙し
  • お給料が安く、休みの日にアルバイトして補っていた

早く転職をしたいと思っていましたが、自分が辞めると同僚がもっと大変になることを思うと、なかなか踏ん切りがつかずにズルズルと続けていました。

そうするうちに、ストレスで不眠症になってしまい心身ともに疲弊していきました。

さすがにこれ以上は無理ということで、その会社を辞めました。

数か月ほど休んだ後に就活をして、今は別の会社で元気に働いています。

その女性は「当時は、変な責任感とか使命感をもってしまって、私自身もおかしくなっていたと思います。今の会社はのびのびと働けて、本当に転職して良かったと思っています。」とおっしゃっています。

一身上の都合による転職

プライベートでの事情によって、転職を考えるケースも多いです。

結婚するため

  • 結婚後は、家庭を優先しながら働きたい
  • 社内結婚なので、結婚後は別の会社に移りたい

子育てのため

  • 今の仕事は激務で、子育てとの両立は難しい
  • 子ども中心の生活にするためにパート勤務に変えたい

配偶者の仕事の事情

  • 配偶者が転勤になり、一家で遠方へ引っ越す
  • 配偶者の転職や異動などで、これまでと生活環境が変わった

家族の事情

  • 親の介護のため
  • 家業を継ぐため
  • 子どもの通学のため

今は家事や子育てを分担する夫婦も多いですが、妊娠や出産など女性にしかできないこともあります。

また、仕事を優先しすぎてしまうと家庭内で問題が生じることもあります。

働く上で、仕事と家庭の両立はとても大切な課題です。

  • 何のために働くのか?
  • 今、家族にとって何が大切なのか?
いろいろな角度から考えたり、ご家族と話し合って結論を出しましょう。

仕事を変えることで夫婦円満に戻ったケース

夜勤もある病院で看護師をしていた女性。

収入も多く、何より仕事も職場も大好きでした。

なので、結婚後も辞めることなく続けていましたが、旦那さんと休みや生活のペースが合わないことで、すれ違うようになっていきました。

その結果、旦那さんの浮気が始まってしまいました。

離婚も含め色々と悩んだ結果、その女性はその病院を辞めて夜勤のないクリニックへと転職しました。

その後、ご夫婦はやり直して今では夫婦円満になっています。

この女性は「前の病院は大好きだったけど、離婚はしたくないと思ったし家庭を取ることにしました。あの頃は仕事中心で夜勤もあって旦那に寂しい思いをさせていたし、それを許してくれていた旦那に甘えてたところもあったと思います。もちろん次に浮気したら許さないけど、一回だけは水に流すことにしました。」とおっしゃっています。

キャリアアップのための転職

  • より自分のスキルが活かせる会社に転職したい
  • より条件の良い会社に転職したい
  • 先々の独立を目指して、必要なスキルを学べる会社に転職したい

仕事に目標や夢がある場合、少しずつステップアップしながら転職を繰り返していくことがあります。

  • 今の会社で本当に学ぶべきことを学び終えたのか?
  • 転職先で、今のスキルは通用するのか?
  • その転職がキャリアアップに繋がるのか?
後悔しない転職をするためには、しっかりと自分の実力や転職先を見極めることが大切です。

自分の実力を正しく判断する

自分の実力を見誤ってしまうと、転職先で苦労することがあります。

逆に、早く転職した方が良いのに行動が伴わず足踏みをしてしまうこともあります。

しっかり自分の実力や転職先を見極めて動きましょう

自分で分からなければ、信頼できる同業者の友人に率直な意見を聞いてみるのも良いでしょう。

キャリアップのための転職は、自分の実力と行動力がモノを言います。

開業を目指して順調にキャリアアップした女性のケース

その女性は、飲食店を開業するのが夢でした。

夢を叶える第一歩として、専門学校で調理師の免許を取得しホテルの厨房に就職しました。

そこで数年間修行を積んだ後、イタリアで本場のイタリア料理を学びました。

帰国後、イタリアンレストランの有名店で働き、数年後に満を持して自分のお店を開業しました。

この女性は「やるなら本格的なお店にしたかったんです。自信をもって出店するために、いきなり開業するのではなく、しっかり料理と飲食店経営のノウハウを学ぼうと思って行動しました。イタリアに行ったのは、箔をつける狙いもありました。下積み時代があって今の私がいます。」とおっしゃっています。

転職しても空回りしてしまった女性のケース

その女性はファッションが大好きで、アパレルショップの店員になりました。

ただ、あまりしっくりこなかったため別のアパレルショップに転職しました。

そこでもうまくいかず、別のアパレル系ショップに転職するということを何度か繰り返していました。

転職をする度に「今度こそ、ここで頑張って店長になりたい。」と決意を新たにしていましたが、いつも挫折していました。

彼女の仕事ぶりを鑑定すると、独りよがりの働き方になっていてショップ全体のことが見えていませんでした。

そのため、お客さんのニーズに合った対応ができず同僚からも浮いてしまい、何度転職をしても結果が出ていませんでした。

そこから、働き方を変えていくようにして、今はショップの副店長になっています。

この女性は「経験があったから、いつも転職はすんなり決まっていました。それで安心していたし、環境を変えればうまくいくと思っていました。そしてうまくいかないことは、人のせいにしていました。鑑定してもらって、自分に原因があることに気づいてから絶対に変わろうと決めました。今にして思うと、以前の私は本当に恥ずかしいです。」とおっしゃっています。

キャリアチェンジのための転職

社会人として働いているうちに、様々な理由でキャリアチェンジを考える方がいます。

  • 本当にその仕事に就きたいのか?
  • 実現可能なキャリアチェンジなのか?
単なる憧れや思いつきではなく、地に足の着いたキャリアチェンジになるかどうかを見極めてから行動に移しましょう。

もっと自分に合った職種に変えたい

結果が出せないなど、今の仕事が自分に合わないと感じたときに転職を考える場合があります。

そんなときに、漠然とした考えで転職してしまうと、また適性に悩む可能性があります。

自分でリサーチしたりハローワークで相談してみるなど、自分に合った仕事をイメージした上で転職した方が長続きします。

資格を取ってやりたい仕事に就く

いったん就職をしてみたものの、資格を取得してキャリアチェンジをする場合もあります。

  • 看護学校に通って看護師になった
  • 公務員の試験を受けて公務員になった
  • 検定を受けてネイリストになった

魅力的な仕事との出会いがあった

あるとき、急に転機が訪れてキャリアチェンジすることがあります。

  • お気に入りのスイーツ店で、求人情報を見つけて応募した
  • 求人情報で、芸能事務所のスタッフを募集してるのを見て応募した
  • 開業する友人からスカウトされた

人がやっていると簡単そうに見えたり楽しそうに見えて、自分もやってみたいと思うことは誰にでもありますが、現実は甘くはありません。

  • 本当にその仕事が自分に向いているのか?
  • 本当に自分はその仕事をやりたいのか?
  • 収入や持続性など、その仕事で生計は立てられるのか?

客観的な視点で考えて、結論を出すようにしましょう。

天職と適職 自分に合った仕事

【天職・適職・職探し】自分に合った仕事の選び方は?何を求めてるかで決まる!

続きを見る

OLからボディーメイクのインストラクターにキャリアチェンジした女性のケース

新卒で就職した会社でしばらく働いていた女性は、ストレス解消とダイエットのためにスポーツクラブに通うようになり、いつしかボディメイクのコンテストで入賞を果たせるまでになっていきました。

そこで通っていたスポーツクラブでスカウトされ、インストラクターにキャリアチェンジしました。

その後独立し、今はフリーのインストラクターとして活動しながらボディメイキングの大会に出たり、サプリメントのアンバサダーになったりと大活躍しています。

その女性は「子どもの頃から人と同じことをやるのが嫌いで、仕事もできれば個性的なものに就きたいと思っていました。まさかこんなことになるとは思っていなかったですが、今の仕事は自分に合っているしやりがいを感じます。指導するのは選手だけではなくて一般の方もいるので、その方たちの生活指導をするのにOL時代の経験が役に立っています。」とおっしゃっていました。

転職についてのまとめ

転職を考える理由は、ひとつではなくて複数あるケースも多いです。

そして、転職にはメリットだけでなくリスクが伴うこともあります。

後悔しない転職をするために、転職の目的やタイミング、転職後の働き方や生活などを明確にしていく必要があります。ぜひ、本記事を参考により良い転職の仕方を考えてみてくださいね。

よく読まれている人気記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
海音(カノン)

kanon

【ウラクル】などで占い師/セラピストをしている海音(カノン)です。 霊感・霊視、ドラゴンタロット、ヒーリングなどを使って、お悩み解決のためのセッションを行っています。

-多い相談・悩み
-

© 2021 よく当たる電話占いセレクト【2021年】