多い相談・悩み

スピリチュアルでいうカルマとは?法則や役割・解消する方法&注意点

スピリチュアルでいうカルマとは?法則や役割・解消する方法&注意点

人生の重要なシーンで出会う人、あなたにとって大きな影響を与える人。

このような人と人との関わりではカルマが大きく関係しています。

この記事ではそんなカルマについて様々な角度から解説していきたいと思います。

カルマとはどういう意味?

カルマは「業」という意味がありますが、仏教的には「行い」を意味しています。

このカルマをスピリチュアルの要素を踏まえて解釈を行ってみると、前世から今世に持ってきた因果関係と説明することができます。

例えば前世での「思い」や「行い」というものは前世のあなたの「魂」「生き様」に深く刻み込まれていて、今世でのその人の性格や役割を形作るのです。

カルマは特別な人が持って生まれてくるわけではなく、世の中で生活している全ての人が持っているものです。

そんなスピリチュアルなこと自分には関係ないと目を背けるのではなく、しっかりと自分のカルマを見つめることが大切なのです。

カルマの法則や役割について

カルマは魂の成長の手段として存在しているものであり、それ自体があなたに何か悪さをする事はありません。

カルマと聞くとネガティブな感情を持つ人がいるかもしれませんが、その必要は全くないのです。

もちろん恐れる必要もありません。

ただしカルマは来世に持ち越されていきます。

そのため状況によっては来世で辛い出来事が待っている可能性もあります。

自分の中にある陰と陽

例えば前世で自分がいじめっ子だったとしましょう。

そして今世ではいじめられっ子だったと仮定します。

するとあなたは前世でいじめ、今世でいじめられ、どちらのシチュエーションも体験することになります。

両方の立場を経験することにより、いじめる側がどうしていじめるのか、いじめられた側はどれだけ辛いのか双方の立場から深く理解できるようになるでしょう。

これが自分の中で陰と陽となり、人生をより深く理解することができるようになると言うわけです。

善いこともも悪いことも引き起こす

カルマと言うのはいいことだけではありませんし、逆に悪いことだけでもありません。

必ず良いことと悪いことが存在します。

カルマにより「悪いことをすると地獄に落ちる」とか「前世の悪いことをしたから今世で幸せになれない」と勘違いしている人もいますがこれは間違っています。

もし前世で悪いことをしてしまったからといって、今世を諦める必要は全くありません。

カルマを背負っているとはどういうこと?

カルマを背負っているという意味は「因果応報」を意味しています。

因果応報とは人は自分が過去に行ったことによって今や未来が決まるということです。

カルマとは「業」という漢字で表現されることもあり、業を背負うというと不幸なイメージを持ってしまう人も多いようですが、善い行いも悪い行いも全て「業」であり、業を背負うこととは自分の人生のスパイスになります。

そしてその過去から背負ってきたカルマというのは、輪廻転生のなかでずっと魂に刻み込まれている記憶でもあるのです。

カルマを背負う人の特徴とは?

自分の気持ちに素直ではない

カルマを背負うこと自体は自分と深く向き合うきっかけであり、本来であれば人生の転換期になる大きなチャンスです。

しかし自分の気持ちに素直ではない人の場合、そのきっかけに無意識で気づかないように目を背けてしまっているのです。

白黒はっきりしていている人

何事にも白黒とはっきりしなければ気がすまない人の場合、言い換えれば自分の中にある正義感に忠実です。

そのため自分の正義感に合わない人がいれば、バッサリと切り捨てしまいます。

そのような人はうまく新しい環境になじめず、同じ環境で居続けてしまう傾向にあるのです。

新しい環境を避けているということは、実は自分の深い部分に問いかけるきっかけを放棄してしまっているため、カルマを背負っていると言えるのです。

カルマを解消するためのにはどうしたらいい?

寄付をする

カルマを解消するためにはお金を寄付をすることが良いと言われています。

お金もエネルギーですから、カルマの解消にはエネルギーを使うことが重要となるからです。

お金だけではなく、不要になった物を見返りを求めずに寄付することで解放されるきっかけになるでしょう。

ボランティアをする

困っている人を助けるボランティア活動をするなど人のためになることを積極的に行うこともカルマの解放に役立ちます。

報酬や見返りを期待せずに行動することで確実にカルマを解消できると考えられています。

自分を許す

人に対する憎しみをなくして許すとはカルマの解放に繋がります。

まずは人を許し、自分を許すことでカルマから解き放たれることでしょう。

カルマに対してみんなはどう思っている?

<否定的な意見>

カルマとかよく分からないことを言っている人って現実が見えてないんだと思います。毎日一生懸命生きていればそんな発想にはならないと思います。

カルマって言葉をよく使う人ってスピリチュアルに逃げているだけだと思います。いうことがコロコロ変わるから信用できませんね。

<肯定的な意見>

人の考え方はそれぞれなのでカルマについて深く考える事があってもいいと思います。実際にそういう世界もあるような気がするし、嘘を言っているわけではないと思います。

カルマについて語る人は何か奥行きの深さを感じます。口からでまかせを言っているとすぐわかりますけど、色々と考えた末なんだと思います。

カルマと聞くと良いイメージを持つ人も悪いイメージを持つ人もいるようです。

そんなカルマというイメージを利用して不安になっている人を騙すような悪質な商売をしている悪い人もいます。

次にカルマを利用した商法について紹介しましょう。

気をつけて!不安につけ込むカルマ商法の注意点

不安を煽って近寄ってくる霊感商法に注意

カルマは目には見えない概念の世界です。

そのため不安を煽って霊感商法につなげようと企んでいる悪い人たちも少なからず存在します。

例えば「あなたには悪いカルマが残っている」など不安にさせておいて印鑑・数珠などを法外な値段で商品を売ったり、不当に高額な金銭などを取る被害が後を立ちません。

この記事でも解説したようにカルマとは悪いことだけではありません。

自分の気の持ちようでプラスの方向へ転生することができるので、そこにお金が発生するなどの話は疑ってかかったほうがいいかもしれません。

カルマは深く魂に結びついたもの

カルマとは形のない概念ですが、すべての人がカルマを背負って生きています。

カルマと聞くとネガティブなイメージを持つ人も多いようですが、プラスの意味もマイナスの意味もあるのです。

非常に深い概念であるために簡単に説明することはできませんが、カルマについて正しい知識を得ようとすることで理解に一歩近づくことができるのです。

よく読まれている人気記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
望月 星乃

望月 星乃

電話占いセレクト編集部マネージャーです。 子供の頃から占いに興味があり自らタロットで占ったり、失恋のたびに周りで当たると噂になっている占い師の所へ行って占ってもらったり、30年以上占いに関わってきました。 当サイトでは占い好きのスタッフが集まり日々調査を行い、電話占いや全国の占い師についての情報を発信しています。

-多い相談・悩み