多い相談・悩み

不倫の恋が動くのはどんなとき?きっかけとなる原因3つと状況はどう変わるのか?

不倫の恋が動くのはどんなとき?

既婚男性とお付き合いをしていると

  • いつまで待てば良いんだろう
  • 彼はいったいどういうつもりなんだろう
  • このまま彼を信じてて大丈夫なのかな

と、二人の未来が気になってしまいますよね。

二人の不倫の関係が動くきっかけと、その結末を実際のケースを交えながらご紹介します。

【嫁バレ】そのとき、彼はどうする?

彼の奥さんに二人の関係がバレてしまう、いわゆる嫁バレ。

そうなると、やはり何事もなくそれまでどおりのお付き合いを続けるわけにはいかず、事態は動きます。

もしくは事態を動かすために、リスクを承知であえて嫁バレさせるケースもあります。

嫁バレするとやはり修羅場になることが多いですが、良くも悪くも選択を迫られるので、彼の本心が見えてきます。

彼の携帯を使って、彼嫁から電話が・・

彼の携帯からの電話に出たら、女性の声で「うちの主人がお世話になっております 。私が誰だか分かりますよね?」と言われた女性。

もちろん、彼嫁からの電話でした。

  • 二人の関係は分かっています。
  • 今後一切連絡をせず、別れてください。
  • 別れてないのが発覚したら慰謝料をいただきます。

そう言われて了承するしかなく、そのまま通信手段をブロックされてしまい二人の関係は終わってしまいました。

嫁バレすると、多少の違いはあれど、このパターンになることが多いです。

中にはほとぼりが冷めた頃に彼から連絡がきて、細々とお付き合いを継続しているカップルもいますが、またバレてしまわないか嫁バレ前よりピリピリしています。

寄りを戻したものの、嫁の影がちらついて複雑な気分になってしまい、彼との関係を終わらせた女性もいます。

嫁バレ後、三行半を突きつけられた彼と結婚!

不倫が発覚し修羅場になって、それでも嫁が「絶対に別れない。やり直そう。」と言い出し、立場的に彼もそれを受け入れざるを得ない状況になったそうです。

そして一旦は、彼は奥さんとやり直す方向に向かいましたが、奥さんはどうしても浮気されたことを水に流すことができずに、急に感情を爆発させることが続きました。

最終的には「彼のことを信じることができないので別れたい」となって、彼は嫁と別れて彼女の元に来たそうです。

彼女は迷いましたが、彼とのお付き合いを再開し今は入籍しています。

このケースの場合は、奥様は看護師さんで経済的に自立していた女性でした。

お子さん一人いらっしゃいましたが高校生で、離婚に対してネックにはならない状況でした。

昨今の芸能界での不倫騒動を見ていても分かるように、嫁側が離婚しても経済面や子育てで困らない場合は、そうではない場合と比べて比較的離婚に至りやすい傾向にあります。

仮面夫婦のはずが、不倫が発覚した途端、嫁の執着心に火がついてしまった・・

これは嫁の立場の女性からの相談だったのですが

旦那と家庭内別居状態で

  • 何なら慰謝料もらって離婚してもいい
  • そうじゃなくてもお金だけ入れてくれてたら別に何しててもいい

くらい旦那に冷めていて無関心だったそうです。

旦那も同じように嫁に無関心で、お互いに干渉しないし自由だけど、どこか殺伐とした関係になっていたんですね。

ただ、ある日旦那が捨てていたあるレストランのレシートに、女性と二人で食事に行ったような痕跡があったそうです。

それでも「もしかして女でもいるのかな?別にいいけど、一応とっちめてやろう」ぐらいの気持ちで、旦那の身辺調査をしたそうです。

そうすると証拠がたくさん出てきて、不倫が確定しました。

そのときになって、急に悲しくなって、どうしても旦那と別れたくないとなってしまったそうです。

それまでどうでも良いと思ってた旦那が、ライバルが現れたことで急に失うのが惜しい存在になってしまったんです。

そこで、不倫のことを指摘しつつも旦那を責めることはせずに、もう一回やり直して欲しいと話をして、この夫婦はもう一度やり直すことになりました。

ちなみに奥様は専業主婦だったので、慰謝料貰って旦那さんと別れるより婚姻生活を継続させた方が得策という事情もありました。

なので、何だかんだで離婚には発展しない夫婦だと感じますが、少なくとも発覚していなければ不倫は続いていたはずです。

【子供の独立】で、本当に離婚問題が動き出すのか?

離婚する気はあるけど、お子さんを理由に離婚できたいという彼。

  • 小学校に入ったら・・
  • 中学校に入ったら・・
  • 高校に入ったら・・
  • 成人したら・・

と、どんどん先延ばしに男性には注意が必要な場合もあります。

口先だけで全く動く気のない既婚男性には、期限を提示してそれまでに離婚しなければそこから先のお付き合いは考えたほうが良いですね。

ただ実際にお子さんの成長を待って離婚したケースもあるので、それをご紹介したいと思います。

子ども達の後押しで家庭内パワハラの嫁と離婚

二人のお子さん(女性)がいる既婚男性。

嫁は専業主婦なのに、家事は殆どしない上に気に入らないことがあると彼やお子さんに怒鳴ったり手を上げたり・・と大変な女性で、嫁以外の家族が協力してなんとか生活を維持する状態だったそうです。

そんな彼と職場で知り合った女性は、彼の状況を知って「何でこんな良い人が苦労するんだろう。少しでも心の支えや安らぎになってあげたい。」と思い、一人住まいのお家に招いておうちデートを中心にお付き合いをしていたそうです。

そして下のお子さんの就職が決まったときに、彼は子どもたちに「自分はもう、嫁と別れて自由になりたいんだ」と話をして、子どもたちも賛成して彼の味方になったそうです。

(その時点で、彼は彼女の事を子ども達にも紹介しています。)

嫁は離婚話に抵抗したそうですが、子ども達や他の親族も説得にあたり、誰も嫁の味方をすることがなく話が進みました。

持ち家を処分して財産分与し、離婚が成立しました。

そして離婚後しばらくして彼は彼女と再婚し、彼の子ども達とも仲良くやっているそうです。

子どもの独立と同時に調停離婚を申し立てた男性

自分勝手で旦那を虐げて好き勝手やっていたパワハラ嫁と、一人娘が独立した時点で離婚調停を申し立てた既婚男性。

職場の女性と細々の社内不倫をしていました。

本当ならさっさと離婚して自由になりたいところですが、娘さんが就職するまでは親としての責任を果たしたいと、彼女に待ってもらっていたそうです。

そして、娘さんが就職をして家を出るのと同時に、自分も家を出てアパートで一人暮らしを始めました。

娘さんや自分の親族にも根回し済みで、即座に離婚調停を申し立てました。

嫁側も弁護士を立てて調停に臨んできましたが、

  • パワハラの証拠をしっかり取っていた
  • 家計の使途不明金について追求した
  • 事実上結婚生活が破綻している

など、離婚に有利な証拠を提示し、嫁側の弁護士が「あまり離婚をごねるより、少しでも財産分与など金銭面の利を取ったほうが良い。」と説得したようで、最終的に調停離婚が成立しました。

彼は離婚後もパワハラのトラウマが残っていたそうですが少しずつ自分を取り戻し、彼女は転職し、今は一緒に住んでいます。

【彼の病気が発覚】まさかの事態で離婚問題はどうなる?

彼が病気になって入院することになってしまった・・。

そんなとき、不倫の関係だと堂々とお見舞いに行くことができない場合も多く、本当に心配ですよね。

病気になると、良くも悪くも自分の人生を色々と考えるきっかけになるので、不倫の関係にも動きがでてくることも。

思わず病院に駆けつけてしまった彼女・・

彼から「入院することになったから、また落ち着いたら連絡する」と連絡をもらった彼女。

本当はいけないことだと分かっていたけど、心配のあまり病院に駆けつけてしまいました。

もちろん奥さんがいないときに病室を訪ねたわけですが、彼としてはその彼女の行動が許せなかったようで「二度と来ないでほしい」言われてしまいました。

着信拒否やブロックはされていないものの、彼女からの連絡には既読スルーで連絡が取れなくなったそうです。

しばらくそんな状態が続いた後、彼から「これからの人生は家族を大切にしようと思う。申し訳ないけど、もう終わりにしてほしい。今までありがとう。」と言われて、不倫関係は終わってしまいました。

彼は最初から離婚をするつもりは無かったようですし、彼女のほうは結婚願望があるので、彼との復縁を考えるのではなく次の恋愛に目を向けています。

看病はイヤ!嫁から見捨てられた既婚男性

既婚男性とお付き合いしていた彼女。

彼の病気が発覚して入院することになり、彼女は心配でしたがお見舞いには行かず、朝と夜LINEで彼を励ましていたそうです。

嫁は、彼の入院からしばらくは1~2日おきぐらいに顔を出していたそうですが、ある日突然彼に離婚届を書いてと言ってきたそうです。

先の見えない状況で、自分には彼の看病をしながら人生を共に歩んでいく自信がないとのこと。

奥さんは彼の元から去っていきました。

そんな彼の介護を、彼女は引き受けてお世話をしていたそうです。

もちろん、嫁とは違い毎日病室に通いました。

その後、彼は意外にも早い回復を見せて退院し、彼女と一緒に生活をするようになり、最終的に入籍に至っています。

病気を機に、彼から嫁に別れを切り出した

ある日突然倒れてしまった彼は、そのまま緊急入院となってしまいました。

そして最終的には良くなりましたが、彼は自分が病気になったことにかなり動揺したんですね。

自分の人生をいろいろと考えたときに、残りの人生を彼女と一緒に過ごしていきたいと強く考えるようになったそうです。

奥さんには正直に「自分には他に好きな人がいて、その人と残りの人生を一緒に歩んできたい。」と話したそうです。

奥さんは、薄々彼の不倫に気づいていたようで、すぐにはお返事を頂けなかったそうですが、彼の気持ちを汲んで離婚に同意してくれたそうです。

彼も彼女も、奥さんには感謝しているとおっしゃっていました。

闘病生活を続けた結果彼は退院して、彼女と一緒に生活をしていて、折を見て入籍をしようと話しているそうです。

不倫の恋が動くときについてのまとめ

不倫が成就したカップルは、深いところで二人の心が繋がっているのを感じます。

純粋な愛情や見返りを求めない潔さを女性に感じたとき、男性の気持ちは動きます。

そして、そもそものご縁が深くで見えない世界からの後押しがありタイミングよく物事が進みます。

でも、それは日々の積み重ねがあってのことなので、やはり結果を恐れずにしっかりと彼と向き合っていくこと、彼との出会いに感謝していくことが大切だと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
海音(カノン)

kanon

【ウラクル】などで占い師/セラピストをしている海音(カノン)です。 霊感・霊視、ドラゴンタロット、ヒーリングなどを使って、お悩み解決のためのセッションを行っています。 ≫ 海音(カノン)先生の記事一覧を見る

-多い相談・悩み
-

© 2020 【2020年】本当に当たる電話占いセレクト